十五夜のお団子作り

カテゴリー:

今年は、9月15日が十五夜です。ちなみに、十五夜とは満月という意味で、1年に12回(うるう年は13回)あるそうです。また、なぜ十五夜というかというと、月は満ち欠けを繰り返しますが、新月から満月になるまでは約15日かかるそうです。
そこから満月のことを十五夜というようになったそうです。この十五夜は「お月見」や「中秋の名月」とも呼ばれたそうです。
そこで、お月見に欠かせないのが、やっぱりお団子ですね。お団子は、収穫への感謝と幸福を表しているということで、ご利用されているの皆さんのご指導をいただきながら作りました。