所定疾患施設療養費算定状況

Subtitle

所定疾患施設療養費の公表について

平成24年4月の介護報酬改定により、介護老人保健施設において、入所者の医療ニーズに適切に対応する観点から、所定の疾患を発症した場合における施設での医療について、以下の要件を満たした場合に評価されることになりました。
厚生労働省大臣が定める基準に基づき、所定疾患施設療養費の算定状況を公表いたします。

所定疾患施設療養費算定要件

□ 所定疾患施設療養費(Ⅰ)

① 肺炎等により治療を必要とする状態となった入所者に対し、治療管理として投薬、検査、注射、処置が行われた場合に、1回に連続する7日を限度とし、月1回に限り算定する。
② 所定疾患施設療養費の対象となる入所者の状態は次の通りです。
 肺炎
 尿路感染症
 帯状疱疹(抗ウイルス剤の点滴注射を必要とする場合に限る)
③ 算定する場合にあっては、診断名、診断を行った日、実施した投薬、検査、注射、処置の内容等を診療録に記載すること。
④ 当該加算の算定開始後は、治療の実施状況について公表すること。

□ 所定疾患施設療養費(Ⅱ)
① 肺炎等により治療を必要とする状態となった入所者に対し、治療管理として投薬、検査、注射、処置が行われた場合に、1回に連続する7日を限度とし、月1回に限り算定する。
② 所定疾患施設療養費の対象となる入所者の状態は次の通りです。
 肺炎
 尿路感染症
 帯状疱疹(抗ウイルス剤の点滴注射を必要とする場合に限る)
③ 算定する場合にあっては、診断名及び診断に至った根拠、診断を行った日、実施した投薬、検査、注射、処置の内容等を診療録に記載すること。なお、近隣の医療機関と連携した場合であっても、同様に、医療機関で行われた検査、処置等の実施内容について情報提供を受け、当該内容を診療録に記載しておくこと。
また、抗菌薬の使用にあたっては、薬剤耐性菌にも配慮するともに、肺炎、尿路感染症及び帯状疱疹の検査・診断・治療に関するガイドラインなどを参考にすること。
④ 請求に際しては、給付費請求明細書の摘要欄に診断、行った検査、治療内容等を記入すること。
⑤ 当該加算の算定開始後は、治療の実施状況について公表すること。

主な治療内容

診断名 治療内容等
肺炎 血液検査・尿検査・血中酸素濃度の測定・抗生剤の内服・抗生剤の点滴注射・水分補給(経口・点滴)など診察結果をもとに適宜必要な治療を行う。
尿路感染症 血液検査・血中酸素濃度の測定・抗生剤の内服・抗生剤の点滴注射・水分補給(経口・点滴)・酸素など診察結果をもとに適宜必要な治療を行う。
帯状疱疹 皮膚科受診し、帯状疱疹にて施設での対応可能と判断され、内服薬のみではなく、抗ウイルス剤の点滴注射の指示が出た場合のみ算定可能。

所定疾患施設療養費算定状況(平成29年度)

診断名/年月 平成29年 平成29年
4 5 6 7 8 9
肺炎 人数 4 2 1 2
治療日数 20 5 4 9
尿路感染 人数 1 1 2
治療日数 4 5 3

 

診断名/年月 平成29年 平成30年
10 11 12 1 2 3
肺炎 人数 2 3 2 1 1
治療日数 7 14 14 2 3
尿路感染 人数 1 3
治療日数 7 15

所定疾患施設療養費算定状況(平成30年度)

診断名/年月 平成30年 平成30年
4 5 6 7 8 9
肺炎 人数 1 2 2
治療日数 7 14 14
尿路感染 人数 1 4 5 1 1 1
治療日数 6 25 33 7 2 7

 

診断名/年月 平成30年 平成31年
10 11 12 1 2 3
肺炎 人数 1 1 3 1
治療日数 2 3 18 3
尿路感染 人数 1 2 1 1
治療日数 7 14 7 7

TO TOP
Scroll Up